錦織圭 試合予定・ドロー対戦成績 テニス グランドスラムへの道

テニス錦織圭 試合予定・ドロー 過去の対戦成績 試合日程 放送予定など

全仏オープンテニス2016の錦織圭のシードとドロー

      2016/05/21

全仏オープンテニス2016,錦織圭,シード,ドロー

全仏オープンテニス2016の錦織圭のシードとドロー

イタリア国際の準決勝でジョコビッチをギリギリまで追い詰めた錦織圭選手
次はいよいよグランドスラム大会の全仏オープンテニス2016が始まります。

全仏オープンテニス2016の錦織圭シードとドローについて

さて、錦織選手の最新のランキングとドローについてみてみましょう。

イタリア国際が終わって発表された男子テニスの世界ランキングですが
上位の選手の変動はありません。
最近であれば、ジョコビッチのTOPは揺らぐことなく圧倒的な地位を占めています。
というのも、2000ポイントを獲得できるグランドスラム大会での圧倒的な強さが
ポイント差で2位を倍ほど上回っています。

また、2位のマレーから7位のツォンガまでは各1000ポイント
づつの開きがあり、最近ではTOP7位くらいは安定した感じになってきていますね。

錦織圭とジョコビッチの対戦成績(戦績)は?最新情報

錦織圭のランキングと全仏オープン2016シード

ランキング 選手名    ポイント
—————————————–
1位 ノバク・ジョコビッチ 16,150
2位 アンディ・マレー 8,435
3位 ロジャー・フェデラー 7,015
4位 スタン・ワウリンカ 6,110
5位 ラファエル・ナダル 5,675
6位 錦織圭         4,470
7位 ジョーウィルフリード・ツォンガ 3,355
8位 トマシュ・ベルディヒ 2,850
9位 ミロシュ・ラオニッチ 2,785
10位 リシャール・ガスケ 2,725

日本の注目の錦織圭選手は現在世界ランキング6位です。
おそらく、第6シードということになりそうです。

錦織圭 全仏オープン2016のドローは?

錦織選手が第6シードでエントリーされた場合、
準々決勝からは上位8選手との対決が予想されます。

ドロー上やはり、グランドスラムで優勝を狙うには4位に入っておくということが最も近道であるといえますね。

やはり、ドロー上気になるのは世界ランキング不動の1位のノバク・ジョコビッチとの対戦のヤマに入るかどうかでしょうか。早い対戦であれば準々決勝で当たることとなります。

また5位のラファエル・ナダル は昨年こそ調子を落としていましたが、全仏で9度の優勝は驚異的です。やはり全仏王者としてナダルは侮れない要注意の相手です。

7位以下の選手もポイントが拮抗していて油断はできない状況です。

特に一つ下のランキング7位のツォンガは昨年の全仏でまさかの敗退を強いられた選手、またリシャール・ガスケは錦織選手の苦手とする相手であり、8位のトマシュ・ベルディヒや9位 ミロシュ・ラオニッチも最近の試合では最後まで息をのむ戦いを強いられる強敵です。

7位 ジョーウィルフリード・ツォンガ  3,355
8位 トマシュ・ベルディヒ  2,850
9位 ミロシュ・ラオニッチ  2,785
10位 リシャール・ガスケ  2,725

注目の全仏オープンテニス2016のドローは5月19日~20日あたりに発表されることとなります。

全仏オープンテニス2016のドローに関しては
発表され次第、サイトに掲載の予定です。

全仏オープンドローはこちら>>>WOWOWサイトより
WOWOW_新規申込

 

スポンサードリンク

 - 全仏オープン2016, 錦織圭 試合予定