錦織圭 試合予定・ドロー対戦成績 テニス グランドスラムへの道

テニス錦織圭 試合予定・ドロー 過去の対戦成績 試合日程 放送予定など

錦織圭のサーブのスピードは最速 時速何キロ?テニス サーブ最速は

      2017/05/15

fshgeqc7

全仏オープンテニス2015での活躍が期待できる錦織圭のサービスのスピードは最速でいったい時速何キロくらいなのでしょうか?

おすすめ記事
錦織圭 ウィンブルドン 2015 シードとドロー いつ|全英オープン2015

テニスでは一般的にビッグサーバーと言われる、高速のサーブでサービスエースを狙える選手が有利だといわれています。

そのスピードは時速200キロを軽く超えている。
野球のピッチャーのボールが160km/時が限界に近いくらいなので

時速200Km/時を超えるテニスのサーブはとてつもないすプードがあるといえますね。

ところで、日本の活躍が期待されている
錦織圭のサーブのスピードは最速で時速何キロくらいなのでしょうか?

最速 時速200Km/時を超える錦織圭のサーブ

錦織圭選手のサーブは現在最速で202キロのスピードを記録しています。
これは、昨年の最高スピード197キロを5キロも上回るスピードで今年になってサービスゲームでのサービスエース数が増加している原動力になっています。

世界のビッグサーバーは身長190cmから2メートルといった長身の選手が多い中で
身長178cmの錦織選手が200km/時を超えるビッグサーバーの仲間入りをしている事はすごいことです。

現在テニスで世界最速のサーブのスピードは何キロ?

現在、世界最速のサーブのスピードはどれくらいなのでしょうか?興味がありますね。

テニス世界最速のサーバー サミュエル・グロス

n162awu7

男子では2012年5月に韓国の大会で出された
サミュエル・グロス選手の263km/hという記録が
最速記録としてあります。

しかし、サミュエル・グロス選手は長身193cmから打ち下ろす高速のサーバーですが、世界ランクでは340位となかなか試合には勝てていないようです。

1st 2ndサーブのバランスが重要

テニスは
ファーストサーブとセカンドサーブがあって
最速のサーブはファーストサーブ時に繰り出されるようですが、ファーストサーブの確率やセカンドサーブとの速度差によって戦略が変わるスポーツなのでサーブが速いだけではプロテニスのツアーで勝てる条件ではありません。

テニスのサーブは以下の3つのバランスが必要なんですね。

  1. 「最速」
  2. 「ファーストサーブ平均速度」
  3. 「セカンドサーブ平均速度」
サミュエル・グロス選手は
  1. 最速          237Km/時
  2. ファーストサーブ平均速度190Km/時
  3. セカンドサーブ平均速度164Km/時

最速が237Km/時ですが
平均速度では200Km/時を超えていません、これでは試合では相手につけこまれます。

N・ジョコビッチ
  1. 最速          201Km/時
  2. ファーストサーブ平均速度181Km/時
  3. セカンドサーブ平均速度148Km/時
R・フェデラー
  1. 最速          209Km/時
  2. ファーストサーブ平均速度186Km/時
  3. セカンドサーブ平均速度152Km/時
錦織圭
  1. 最速          202Km/時
  2. ファーストサーブ平均速度175Km/時
  3. セカンドサーブ平均速度141Km/時

世界ランク1位のN・ジョコビッチや2位のR・フェデラーも最速は200Km/時のスピードを持っています。
そういった意味でも錦織選手も最速202Km/時のサービを駆使した戦略的な
テニスを行えばビッグサーバーに勝てるチャンスは大いにありますね。

スポンサードリンク

 - 錦織圭 NEWS